NEWSニュースリリース

トスアップ型インサイドセールス(SDR)支援「OSIDASHI」をリニューアル

〜オンラインリードへのBANTCヒアリングを行い、良質な商談機会の提供〜

ギグセールス株式会社(東京都渋谷区)は、トスアップ型インサイドセールス(SDR)支援「OSIDASHI」をリニューアルした。「OSIDASHI」は、トスアップ型のインサイドセールス(SDR)支援でオンラインリードへのBANTCヒアリングを行い、良質な商談機会の提供を行うサービス。

この度、有効商談化率をKPIとしてサービスを再設計し、オンラインリード流入に対するインサイドセールス活動だけではなく、各マーケティング施策毎のプロセス変数分析とリードの質に対するフィードバックも支援内容として提供します。

料金は月額費用+マネジメントフィー
※月額費用は新規のオンラインリード流入件数に応じて最適な稼働時間を算出させて頂きますので、まずはお問い合わせ下さい。

■OSIDASHI(オシダシ)
https://gig-sales.tokyo/osidashi/

■背景
昨年から続くコロナの影響と、国内のBtoBスタートアップの台頭によって、WEBマーケティングによる顧客開拓需要が増しております。ウェビナー開催なども含め、オンラインでのリード獲得が順調に進む一方で、それを対応するインサイドセールス人員の採用と育成が追いつかないという課題が顕在化しています。国内採用市場においては、そもそも「インサイドセールス」の職歴を持った人材が少ないため、経験者採用の難易度は高いです。同時にインサイドセールスを育成するマネージャーも多くはありません。一方、ギグセールスはコロナ以前から一貫してインサイドセールスを続けてきており、一定の知見と業界屈指の実働力を有します。上記のようなお客様の困りごとを、コンサルティングはもちろんのこと、実働人員としてリソース提供を行うことで、課題解決を行なってきました。もともと、個社別に対応させて頂いていたインサイドセールス代行にて、一定の成果を出してきており、今回改めてパッケージ化させて頂きました。

■OSIDASHIの流れ
・オンラインリード流入に対するインサイドセールス活動(コール・継続的なナーチャリング)
・各マーケティング施策毎のプロセス変数分析とリードの質に対するフィードバック

■サービス詳細・お問い合わせは下記ページから
https://gig-sales.tokyo/osidashi/

■ギグセールス株式会社について
2017年3月に設立したBtoBセールス支援会社。「プロ営業™️集団」を掲げ、設立から一貫してBtoBのセールスマーケティング支援を行っている。2020年、株式会社ベイシーズ(東京都港区)との合併を機に、マーケティングサービス「DORIRU」をリリース。成長企業のBDR支援の案件が急拡大。累計支援実績は200社を超える(2022年4月時点)。所属型営業フリーランス制度「TEAMZ」の運用によって、企業の新規開拓の悩みをなくすサービスを多数展開。自社独自のセールスイネーブルメントサービス「ギグセールスアカデミー」の運営により、プロ営業™️メンバーの輩出を行う。2022年よりBDR支援クラウド「BOS™️」の提供開始。

■ギグセールスについて
設立:2017年3月
代表者:小林 竜大 / 福山 敦士
所在地:東京都渋谷区広尾1丁目3−18 広尾オフィス・ビル7階
事業:BtoBセールス支援事業/セールステック事業
https://gig-sales.tokyo/
本件のお問い合わせはこちらから
info@gig-sales.tokyo