NEWSニュースリリース

競技と仕事の両立、SHIBUYA CITY FCとのデュアルキャリア支援プロジェクト

現役アスリートのデュアルキャリアを応援

ギグセールス株式会社(東京都渋谷区)は、SHIBUYA CITY FCを運営する株式会社PLAYNEW(東京都渋谷区)とデュアルキャリア支援プロジェクトを実施。競技と仕事の両立による現役アスリートの支援を行い、SHIBUYA CITY FC 渡邉大生 選手が入社し競技活動と仕事を両立している。

■背景
社会人になってもスポーツ競技を続けたいが将来に不安を抱き、引退後のキャリアも心配という方に対し、競技と仕事をどちらも本業として両立する「デュアルキャリア」という新たな働き方を実現する。それにより選手の不安や悩みを解消し、アスリートが安心して競技を続けられる環境作りを応援していく。

名前:渡邉 大生(わたなべ たいき)
出身地:島根県
生年月日:1998/12/25

個人としての目標
3年以内に個人としてJリーガーになりたいと考えています。私は今年24歳、SHIBUYA CITY FCはJリーグ参入まで最短でも5年かかってしまうので、その時私は29歳、サッカー界ではベテランと呼ばれる部類に入ってしまいます。サッカーは競技人生の短いスポーツなので早く個人として上に上がっていきたいという思いが正直なところです。またその気持ちは結果としてチームの成長にもつながっていくとも考えています。

競技を続けていく上での課題
私が所属しているSHIBUYA CITY FCは東京都社会人サッカーリーグの1部に所属しているためプロカテゴリでなく、この先自分が今より上のカテゴリに上がっていけるという確証はありません。なので今現在Jリーグでプレーしているような同世代の選手よりセカンドキャリアは身近な問題です。ギグセールスさんには午前中、チームや個人でトレーニングを行うことを了承して頂いた上で働かせてもらっており、サッカーに集中することができる環境を整えてもらいつつ社会人としての経験を積ませていただいております。

ギグセールスで学んでいること
現在は架電業務をさせてもらっていますが、先方が常日頃抱えている課題や悩みを会話の中で見つけ、短い時間の中でその課題に対する解決策を提示する必要があります。サッカーも短い時間の中で状況を判断し自分が行うプレーを選択する必要があります。どちらもそのスピードと質が大事になってくるので、サッカーとの親和性も高く活かせる部分も多いと感じながら仕事をさせていただいております。
また結果が出ない時に自分の架電した内容の録音や架電数をみてどこを改善したら次に繋がるのかという修正力は少しずつ身についていると感じています。

SHIBUYA CITY FC / 株式会社PLAYNEW 取締役会長 山内一樹氏(やまうちかずき)
ギグセールス様と新たなプロジェクトに挑戦出来ることに感謝しております。渋谷を拠点とするプロサッカークラブであるSHIBUYA CITY FCには、経験豊富なベテラン選手からプロアスリートとしてキャリアの入口に立つ若手選手まで、多様な選手が在籍しています。とりわけ若手選手たちにとってはプロサッカー選手としてのキャリアを歩む中で常に人としても成長を続けて欲しいと考えており、今回のプロジェクトを通し、選手の人としての成長が個人の成長に留まらず、クラブとギグセールス様の成長にも繋がり、そしてその先にある顧客様の課題解決にも繋がっていくことを強く願っております。

■ギグセールス代表取締役 / 福山敦士(ふくやまあつし)
この度はSHIBUYA CITY FCさんとの取り組みが形になり、大変嬉しく思います。きちんと成果も出ております。山内会長、小泉社長とご縁があり、個人的にも創業期から応援させて頂いております。「デュアルキャリア」が叶う場所として、現役アスリートの方にとっても拠り所となれるよう精進致します。ギグセールスは、元野球選手たちの割合が多い会社です。一方、バスケットボールやサッカーなどでも日本一経験者や、日本代表を経験したトップアスリート達も多数在籍します。旧来的な意味での「気合い」と「根性」だけでなく、高いレベルで切磋琢磨してきたからこそ培われる「知的向上心」「セルフマネジメント」など、有しております。社会人になった後も「文武両道」を体現し続けるメンバー達を誇りに思います。

■SHIBUYA CITY FCについて
「渋谷から世界で最もワクワクするフットボールクラブをつくる」というコンセプトの都市型フットボールクラブ。「Football for good ~ワクワクし続ける渋谷をフットボールで~」というビジョンを掲げ、渋谷の街全体をスタジアムと見立て、365日、フットボールを軸に渋谷に関わる人々や企業・組織と共創したコンテンツが楽しめる姿を目指している。2014年に発足したTOKYO CITY F.C.が前身となり、2021シーズンよりクラブ名称を「SHIBUYA CITY FC」に変更。
https://www.scfc.jp/

■ギグセールス株式会社について
ギグセールスは、2017年3月に設立したBtoBセールス支援会社。「プロ営業™️集団」を掲げ、設立から一貫してBtoBのセールス支援を行っている。野球部出身者を中心に元アスリートが多数在籍しており、四国アイランドリーグplus 徳島インディゴソックス・クラブチーム ノマドヤンキース・一般社団法人 日本未来スポーツ 振興協会へのスポンサー活動によりスポーツ界への支援を行っている。

■社員募集
ギグセールスでは更なる成長をともに志す仲間を募集しております。是非ご応募お待ちしております。下記URLからお気軽にご応募ください。
https://gig-sales.tokyo/contact/
※「社員採用について」を選択

■プロ営業™️募集
プロ営業™️とは、成果・結果に応じて実力と報酬を同時に稼ぐ働き方のこと。
ギグセールスでは、独自のレイヤー構造に沿って、業務内容と報酬額を連動させている。昇格を繰り返す中で、自社の案件獲得も行えるようになり、自社でマーケティングを完結させるモデルを構築している。
https://gig-sales.tokyo/prosales/

■ギグセールスについて
設立:2017年3月
代表者:小林 竜大 / 福山 敦士
所在地:東京都渋谷区広尾1丁目3−18 広尾オフィス・ビル7階
事業:BtoBセールス支援事業/セールステック事業
https://gig-sales.tokyo/
本件のお問い合わせはこちらから
info@gig-sales.tokyo