NEWSニュースリリース

ギグセールス、徳島インディゴソックスとのスポンサー契約を継続

ギグセールス株式会社(本社:東京都渋谷区)は、徳島インディゴソックス(株式会社パブリック・ベースボールクラブ徳島)とのスポンサー契約を2022年も継続することを決定した。2021年からスポンサー契約を開始し、今年も同球団のYouTubeチャンネルのコラボ企画や、ライブ中継時のCM枠にギグセールスの紹介動画が放映される。始球式やシーズン終了後、キャリアセミナーの共同開催なども予定。

■実績
これまで独立リーグ球団から8名のメンバーがギグセールスに参画。今後も野球界への支援、NPBを目指す選手達のキャリア支援を行っていく。

■大谷 真徳(おおたに まさのり) 元徳島インディゴソックス
皆さんと同じように野球に明け暮れ、私は何もない状態(営業としてのマインドやキャリア)から参画し1年半の月日が過ぎました。ギグセールスに参画後、営業の基礎を学び野球をやっていた時と同じように毎日自主練の繰り返しでした。今ではギグセールスで得た営業の知識やスキルを営業未経験の方や営業経験者の方にも伝えさせて頂く立場として「プロ営業」を育て上げることに注力しております。何も分からない、ただ野球しかやったことのない私に営業の根本を教えて頂き、成長できる環境がギグセールスにはあります。また皆さんと同じように勝負の世界で生きてきたメンバーが多いのもギグセールスの特色でもあります。野球と同じように注いだ情熱をここでも体現することができますし皆さんが培ってきた経験がここでは必ず生きてきます。頼もしい先輩達もいるので将来に迷ったら、是非ギグセールスのことを思い出して頂き「今」を大切にしながら野球に打ち込んでください。

■高島 秀伍(たかしま しゅうご) 元 香川オリーブガイナーズ
一度野球を辞めた私を拾って頂き、選手、ファンの皆様と共に日本一を目指し香川オリーブガイナーズでプレー出来た事は今でも1番の思い出です。私自身、独立リーグに恩返ししたいという気持ちがありますので、今年もスポンサー契約を結べた事大変嬉しく思います。ギグセールスでは、営業未経験の人でも活躍出来る環境が整っています。私も営業未経験から爆速で成長しています。昨年は年間MVPという称号も獲得出来ました。NPBに入るという夢が叶わなくても、ビジネスの世界では成功出来ます。だからこそ、今は必死になって野球に打ち込んでください。とにかく!夢を諦めるな、独立リーガー!独立リーグたまらん!!

■奈良 雄飛(なら ゆうと) 元 神奈川フューチャードリームス
私自身、大学卒業後、9年間野球の道で生きてきたため、仕事の経験はなく、当然不安もありました。しかし入社前にアカデミーを受講したことで、本格稼働初日から結果を出すことができ、現在に至っております。ギグセールスに参画してよかったと思う点は、わからないことや、できないことに対して皆が一緒に解決策を見つけてくださるところ。他の会社で何年もかかって成長するであろうところを1ヶ月、いや、数日で自分のものにできるところ。未経験からのスタートではありましたが爆速で成長したいという思いがあった自分にとって、これ以上ない就職先であったことに違いありません。”成長できる環境と、自分の意志があれば、結果は必ずついてくる”これを自らが体現し、ロールモデルとなり、野球選手のセカンドキャリアにおいて微力ながら貢献していきます。

■四戸 洋明(しのへ ひろあき) 元 愛媛マンダリンパイレーツ
自分の中で何かを変えたいという気持ちがありギグセールスに参画させて頂きました。未経験でしたので最初は不安な気持ちでしたが、アカデミーを受講した事で本格的に稼働を迎えても皆さんと同じように稼働する事ができました。ギグセールスの先輩方は1の質問に対し10で返してくれます。他の会社では数年かけていくところを想像以上のスピードで成長できる環境があります。自分が思う以上のスピードで成長できているので最高の環境です。野球選手のセカンドキャリアとして、活躍している姿をお見せできるよう取り組んでまいります。

■太田 直哉(おおた なおや) 元 オセアン滋賀ブラックス
参画した決め手は、稼ぎたい。爆速でスキルアップしたいという思いからでした。社会経験のなかった私でも今こうして活躍できる環境があることに感謝の気持ちでいっぱいです。強い気持ちがあれば確実に成長できる環境が整っているので、野球選手のセカンドキャリアとして私たちが先陣を切って貢献して参りたいと思います。

■徳島インディゴソックス球団代表  谷田 成吾 氏(やだ せいご)
2022年度シーズンもギグセールス株式会社様にスポンサードしていただき、リーグ優勝・日本一・10年連続のNPBドラフト輩出という目標に挑戦できることを大変嬉しく思います。インディゴソックスOBである大谷 真徳氏がギグセールス参画リリース時にコメントされていた『いつか古巣チームのスポンサーになる』という言葉通り、有言実行してくださっている事に心より感謝申し上げるとともに、今後もギグセールス様とNPBを目指す選手たちの夢や将来を支え、「日本一夢が叶う球団」を目指して参ります。

■徳島インディゴソックスについて
徳島インディゴソックスは四国アイランドリーグplusに所属し、9年連続17人のNPB選手輩出実績を誇る独立リーグ球団。「徳島から夢追う人を増やす」を球団ミッションに掲げ、野球界の発展と徳島県の地域活性化を実現するために活動している。台湾、韓国、中国との野球を通じた文化交流を行い、徳島の魅力を様々な人が発信出来る環境整備に取り組む。

■ギグセールス株式会社について
ギグセールスは、2017年3月に設立したBtoBセールス支援会社。「プロ営業™️集団」を掲げ、設立から一貫してBtoBのセールス支援を行っている。「野球部採用」を掲げる通り、四国アイランドリーグplus出身者、社会人野球日本代表(侍ジャパン)出身者、元甲子園球児などが多数在籍。

■プロ営業™️ 募集ページ
https://gig-sales.tokyo/prosales/

■ギグセールスについて
設立:2017年3月
代表者:小林 竜大
所在地:東京都渋谷区広尾1丁目3−18 広尾オフィス・ビル7階
事業:BtoBセールス支援事業/セールステック事業
HP:https://gig-sales.tokyo/
本件のお問い合わせはこちらから
info@gig-sales.tokyo