【活用事例】外注ではなく、足りないパーツを補ってくれるパートナー【株式会社Hubble】

営業で以下のようなお悩みを抱えていませんか?

・新規アポイント獲得数が減っている
・アポイントからの成約率が悪く売上目標に未達
・人的リソースの不足

営業職人集団ギグセールスによるアポ獲得サービスで、様々な営業課題を解決します!

ギグセールスの「アポ獲得サービス」の活用事例をご紹介する本企画。

今回は、契約書管理・共有をスマートにするソフトウェアを提供する株式会社Hubbleの3名をお迎えする。

左:八代真吾(ヤシロ シンゴ)中央:早川晋平(ハヤカワ シンペイ)右:松本福太郎(マツモト フクタロウ)

「つい最近まで業績が伸び悩んでいた」と語るのは、同社代表取締役の早川さん。

そこから一転、会社のリソースをプロダクトから営業に舵を切ったことをキッカケに業績が向上。

営業の重要性を認識していく中で、「アウトバウンド営業」という営業チャネルの開拓が必要だと感じるが、内製化することにに抵抗を感じていた。

そこで弊社にアウトバウンド営業を依頼。実際に弊社のサービスを活用してみて変わったことや感想などお聞きしていく。

動画でもご覧いただけます

契約書管理・共有をスマートにするソフトウェア「Hubble」とは?

──貴社の事業内容を教えてください。

(早川)一言で言うと「契約書管理」で、もう少し詳しく言うと履歴管理やバージョン管理というサービスを提供しています。

早川晋平(ハヤカワ シンペイ)

兵庫県生まれ。関西学院大学理工学部を卒業後、会計事務所にて40社ほどの資金調達やバックオフィス支援を行う。その後起業し、株式会社Hubbleを共同創業。

(早川)契約書の管理や共有を簡単にして、法務作業の生産性を向上させます。

紹介による「リード獲得」だけでは限界がきた

──今回、弊社に営業をアウトーシングした経緯を教えてください。

(松本)結論を言うと、「リードの数が足りなかった」ことと「自社でアウトバウンド営業部隊を内製化できるイメージがなかった」のがご依頼した理由です。

松本福太郎(マツモト フクタロウ)

東京大学工学部卒業後、メガバンクに営業担当として勤務。後iOSエンジニアとして独立し、モバイルアプリケーションの開発に携わる。 その後Hubbleに入社し、営業、営業管理、バックオフィス、マーケティング、オペレーション企画等を幅広く担当。

(松本)営業を強化をしていくことになり、まずは顧客のターゲティングを行い、そこに対して積極的にアプローチしていくことになりました。

しかし、ターゲティングした1000社のうち自社で持ってるリードは100程度。残り900社にアプローチするために、投資家や既存顧客経由の紹介もしてもらいましたが、すぐに限界がきました。

そこでアウトバウンド営業をしていかなければならないと考えはじめ、タイミング良く早川の方が「アウトバウンドに強い会社がある」という話を持ってきました。

費用も”インサイドセールス1人分”で出来るとのことだったので、試してみようという運びになり、ご依頼したカタチになります。

アウトバウンド営業を内製化できるイメージがなかった

(早川)まず、アウトバウンド営業が必要だとなった時、それが内製化できるイメージがなかったんですよね。

ただ新規のリードは必要だったので、「外部でパートナーを持つ」という選択肢を選びました。

そこから実際に商談させて頂き、その日のうちに方針を固めて、その週に決議して、というカタチでトントン拍子で進んでいきました。

自分たちとは違う営業手法に触れて視野が広がった

──弊社サービスを活用して良かったことはありますか?

(八代)営業手法を選択できるようになったのが大きく変わったことですね。

八代真吾(ヤシロ シンゴ)

高校卒業後、役者を目指し上京。32歳まで映像、舞台にて活動。 32歳から某通信系企業にて勤務。その後ベトナムでの起業計画を立てるも断念。 2020年4月よりHubbleにて業務委託で勤務。2020年10月より社員に契約変更、インサイドセールスを担当。

(八代)もちろんアウトバウンド営業をすることによって案件が増えるのは嬉しいのですが、それはインターンの子が商談を取ってきても同じように嬉しいので、手法が増えた喜びの方が大きいです。

あとは、自分たちとは違う営業手法(アウトバウンド営業)をやっているだけでなく、その営業の内容を全部送ってくれるので、そこから学ぶことがたくさんあります。

特にコロナ禍で件数が取れないと、どんどん視野が狭くなっていくんですけど、自分たちにはない営業手法に触れることによって視野がガッと広がりましたね。

営業代行会社ではなく「足りないパーツを補ってくれる会社=ギグセールス」

──最後に、弊社についてどのようなイメージを持たれていますか?

(早川)アウトバウンドだけをお願いしているというよりは、「足りないパーツを補ってくれる会社」と認識しています。

営業だけでなく、プロジェクト単位でお願いしているイメージですね。

「THE MODEL」を構築していて、成果やナレッジが足りていない部分がある場合は、一旦ギグセールスさんに相談してみたら良いかなと思います。

──以上になります。ありがとうございました。

営業で以下のようなお悩みを抱えていませんか?

・新規アポイント獲得数が減っている
・アポイントからの成約率が悪く売上目標に未達
・人的リソースの不足

営業職人集団ギグセールスによるアポ獲得サービスで、様々な営業課題を解決します!