インタビュー

プロ営業を支えるプロ黒子とは!?営業本部から見たギグセールスの魅力【倉田麻子】

「自己紹介と参画した経緯」

倉田 麻子(くらた あさこ)です。
参画してから最初の3ヶ月間は皆さんと同じように架電業務を行っていましたが現在は営業管理を行っています。
2021年11月に入ってから本格的に営業管理業務をスタートすることになったんですが、何をしているかというと架電先リストのスプレッドシートですね。リストを反映させたりですとか、作成したりという業務をしています。
業務に必要なツールのレクチャーや新たに入ってきた方に教えたりですとか、契約書や請求書の作成や送付といったこともしています。総務的なことですとか、人事の採用のところも携わらせていただいています。ギグセールスに参画したきっかけは知人の紹介になります。
以前は営業事務の仕事をしていたんですが、今後の未来を考えた時にもう少しキャリアアップしたいなということが頭に浮かんでいまして、転職活動をしている最中に声をかけてもらったという経緯です。

「参画の決め手は何ですか?」

もちろんYoutubeなどを見させていただいていたんですが、その中でもなんてパワーがある会社なんだろうというのが心揺さぶられた点です。
実際に大谷さんにお会いして面接をしていただいた時にも、目をキラキラさせながらギグセールスの事を話していたんです。
そういったところも魅力的に写りましたし、そういう気持ちがある人の中で働いてみたいなと思ったのが決め手です。

倉田さん5

「社内の環境はどんな感じですか?」

すごいエネルギーが溢れているというか、常に電話って1対1であるものなので、個人プレーかなと思うところはもちろんあると思います。
その中でも同じ案件で携わっているメンバー同士が支えあったりとか、数字が間に合ってない時とかはこう改善した方がいいよとか、連携して目標やKPIに向けて取り組んでいる姿がとても温かい気持ちになったりもします。
前職ではそういったチームで支え合うということがあまりなかったので、やはりギグセールスは人がいいなと思います。

「自身の変化はありましたか?」

ギグセールスには、自分の目標が明確にあったりとか、人生を変えたいという気持ちを持って入ってきている人が多いのでエネルギーに溢れている会社だなと思っています。
今までは定時で帰って、その後一切仕事のことを考えなかったことが多いんですけど、ギグセールスに入ってからはITの動画とかCMとか見ていても、これってどんな商品なんだろう?みたいな感じでITの用語というか取り扱ってる企業に敏感に反応するようにはなりましたね。

「ギグセールスに向いている人」

何かを変えてみたいとかそういう気持ちってすごい大事だと思います。
未経験だとなかなか営業の世界に踏み出せないという人が多いと思うんですが、ギグセールスの場合だと経験者ももちろん即戦力として働けますし、未経験の方でもチャンスはあるので一度は面接に来ていただいてぜひ一緒にこれからのギグセールスをつくり上げていける方を募集しています。

「倉田さんの仕事観を教えて下さい」

私の役目はプロ営業の方が業務に専念できることだと思っています。
痒いところに手が届くような存在でありたいなと思いますしプロ黒子を目指していきたいなと思っています。色々なことが経験できる会社なので、この仕事はあなたのものという明確な領域がないので様々なことに挑戦させていただける会社ではあるので、色々幅を広げていきたいなと思っています。

倉田さん1

「採用メッセージをお願いします」

これは福山さんの言葉なんですけど、「何者にでもなれる!」っておっしゃっていた事を耳にした事がありました。私はその言葉を聞いて「確かに!」と腑に落ちたところがありました。動画を見ていただいて少しでも共感していただいた方は、ぜひ一緒に働ければなと思っております!

入るなら今しかない!

スクリーンショット 2021-12-07 15.37.26

■プロ営業フリーランス養成コース
「ギグセールスアカデミー」
https://lp.gig-sales.tokyo/sales-academy

■ギグセールスとは
https://gig-sales.tokyo/

Gig Sales

Gig Sales|営業フリーランス特化型ナレッジ共有メディア 営業フリーランスとして活動している方、今後フリーランスとして独立を考えている営業職の方を対象に新しい働き方を実現する為に役立つ情報を発信。営業テクニック、ノウハウ、案件の受託、PJの組織構築、報酬設計など現場で使えるナレッジを公開!